迫りくるディーゼル不足

現在進行中の世界的なインフレ危機の原因は、欧米の制裁にあるというのが現実である。 多くの人が見落としているのは、欧米、特にEUとアメリカの経済にますます影響を及ぼしているという事実である。ディーゼル燃料の世界的な供給状況をよく見てみると、憂慮すべき事態が起きている。
しかし、米国財務省やEUの西側制裁計画者たちは、自分たちが何をしているのかを十分に知っている。そして、それは世界経済にとって悪い兆しである。
私たちの多くは、ディーゼル燃料を汚染物質以外の何物でもないと考えているが、実際には、ディーゼル燃料は、世界経済全体にとって、ある意味、希少なエネルギー源として不可欠である。 工場への出入りのほとんどすべてがディーゼルを使用しているため、ディーゼルとGDPには明確な関連性があるのだ。
ウクライナでのロシア軍の行動のほぼ初日に、世界最大の石油会社であるイギリスのBPとシェルの2社が、供給不足の恐れがあるとして、ドイツへのディーゼル燃料の納入を停止した。ロシアはウクライナ戦争前、EUの全ディーゼルの60~70%ほどを供給していた。
2020年、ロシアは米国に次ぐ世界第2位のディーゼル燃料輸出国であり、毎日100万バレル以上を出荷していた。そのほとんど(約70%)は、EUとトルコに輸出されている。最大の輸入国はフランスで、ドイツとイギリスがそれに続く。欧米では、自動車やトラックなど道路を走る車の約76%がディーゼルを使用している。
ウクライナ危機当初、ディーゼル燃料の世界在庫はすでに2008年以来の低水準にあった。Covidの鎖国が石油・ガス生産の需給に大きな打撃を与えたからだ。今、ディーゼル燃料は未曾有の危機を迎えている。その結果は、世界経済に甚大な影響を与えるだろう。
ディーゼルは、その効率の良さと1ガロン当たりの走行距離の長さから、ほとんどすべての貨物トラックの原動機となっている。トラクターから収穫機まで、ほとんどの農機具の燃料にもなっている。
EUでは、ガソリンエンジンよりもはるかに燃費が良いため、自動車燃料のほぼ50%に広く使われている。キャタピラー社製アースムーバーなど、ほとんどの重鉱業機械に使用されている。建設機械にも使われている。
ディーゼルエンジンは、世界中の電化されていない鉄道、特に貨物列車で蒸気機関車に代わって使用されている。ディーゼルは、一部の発電機や、ほとんどの軍用重車両に使われている。
したがって、ディーゼル燃料が世界的に不足することは、一時的であれ長期的であれ、壊滅的な事態となる。コンテナ港から内陸部の目的地まで貨物を運ぶことができない。
ディーゼル燃料がなければ、トラックはスーパーマーケットに食品を届けることができないし、それ以外のこともできない。サプライチェーン全体が凍結されるのだ。また、ディーゼルエンジンにガソリンを入れても、エンジンを壊さずに代用できる可能性はない。2021年1月から2022年1月にかけて、EUのディーゼル燃料の価格はほぼ2倍になっており、それもウクライナ制裁の前にである。
理由はいくつかあるが、第一に原油価格の高騰と、世界的なCovidの鎖国とその後の世界貿易の再開による供給の途絶である。
さらに、欧米の対ロシア制裁を背景に、中国中央政府が3月上旬に「エネルギー安全保障」の観点からディーゼル燃料の輸出を禁止したことも、問題に拍車をかけた。
米国の状況も良くはない。世界的なディーゼル燃料危機が意味するところは、大きな転換がない限り、トラックや自動車の輸送、農業、鉱業などあらゆる形態に劇的な影響を与えるということである。すでに破綻している世界経済に破局をもたらすだろう。実際の産業界における相互接続された世界経済は、レゴのおもちゃのようなゲームではない。非常に複雑で、細かく調整されている。その微調整が組織的に破壊されつつあり、それが意図的であることを示すすべての証拠がある。

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA