SADS = 成人突然死症候群(Sudden Adult Death Syndrome)

SADS = 成人突然死症候群(Sudden Adult Death Syndrome)

「SADSは若者の予期せぬ死を表す包括的な用語である」と王立オーストラリア総合医学会はの述べている。

しかし、実はこの言葉は、死後の検視で明らかな死因が見つからない場合に使われることが判明しており、医師が明らかな死因を見つけるのに苦労しているのは、2021年以前には起こり得なかったことが原因で、現在何千人もの死が見られるからなのです。Covid-19のワクチン接種です。

医療関係者は大手製薬会社から多額の報酬を得ているため、こうした明らかにワクチンによる死亡を野蛮なワクチン接種のせいだとは決して言わずに、SIDS-乳幼児突然死症候群と呼んでいる。

多くの親が、実際には致命的なワクチンによってか弱い赤ん坊が死んだにもかかわらず、揺さぶられっ子症候群(SBS)として積極的に起訴されてきた。

しかし、COVIDの時代に入り、若い成人、特に40歳以下の成人は、SIDSと同じタイプのワクチンによる死亡に脆弱であることが分かっている。 そして今、万能のビッグ・ファーマ、医療、政府の複合体は、それをSADS(Sudden Adult Death Syndromeのキャッチーな頭文字)と呼んでいるのである。

非常に危険で致命的なCovidワクチンが世界中で人々を殺し始めたとき、医療当局は検死官が検死報告書に加えるための新しい架空の診断、または偽の死因を考え出さざるを得なくなることは予想できたことです。

Covid-19のために急遽作られた様々なワクチンに対するケースが非常に強力なのは、Covidワクチンを接種した直後に突然、心筋炎、心膜炎、ミクロおよびマクロの血栓のリスクが高い、まさに同じ年齢層が関係しているからである。

しかし、このワクチンと血栓の直接的な関係を示す多くの科学的研究論文にもかかわらず、医学界はSADSとCovidワクチンとの明らかな関連性を認めようとしないのであります。

ビッグ・ファーマ、ビッグ・メディカル、ビッグ・メディア、ビッグ・ガバメントといった主な共謀者がそれぞれCovidプランデミックの成功に既得権を持つことを考え、人間の死など鶏インフルエンザの殺処分ぐらいにしか考えていない。

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA